本文へスキップ

三重県の建設業許可と経審の藤波行政書士事務所は、建設業許可申請、経営事項審査など三重県の建設業許可を専門とする行政書士事務所です。

TEL. 0596-43-2620

〒519-0605 三重県伊勢市二見町溝口425


三重県の建設業許可は藤波行政書士事務所

建設業許可について

大臣許可と知事許可

三重県内にのみ営業所を設けて建設業を営む場合には、三重県知事許可が、
三重県内の営業所に加えて、他の都道府県内にも営業所を設けて建設業を営む場合には、大臣許可が必要です。

例えば、三重県内に2か所、四日市市と伊勢市に営業所を設ける場合には、三重県知事許可が必要です。
また、桑名市に1か所、名古屋市に1か所の営業所を設ける場合には、大臣許可が必要となります。

    

一般建設業の許可と特定建設業の許可

元請業者が税込3000万円以上の工事を下請業者に出す場合には、元請業者は特定建設業の許可が必要になります。
この場合の3000万円以上とは下請契約1件当たりの金額ではなく、複数の下請契約の合計金額となります。

     

許可の有効期間

建設業の許可の有効期間は、許可のあった日から5年間です。
許可を更新する場合には、この許可の有効期間満了の30日前までに、許可の更新申請をしなければなりません。
許可の更新をせずに有効期間を過ぎますと、許可は失効してしまいます。

     

許可を受けるための要件

@経営業務の管理責任者がいること
法人の場合には常勤の役員のうちの一人が、個人の場合には個人事業主本人が、建設業に関して5年以上又は7年以上の経営経験を有していること。

A専任の技術者がいること
建設業に関する国家資格又は10年以上の実務経験を有する技術者を営業所に置く必要があります。

B請負契約に関して誠実性があること
誠実に請負契約を締結し、その請負契約の内容に従って誠実に工事を行うことであり、当たり前のことです。

C財産的基礎又は金銭的信用があること
一般建設業の許可の場合500万円以上の資金を有していること(500万円以上の融資を受けられる場合でも構いません)
ただし、特定建設業の許可に関しては様々な財産的基礎の条件を求められますので、詳しくはお問い合わせください。

D欠格要件に該当しないこと。
具体的な欠格要件につきましては、お問い合わせください。

     

お問い合わせ

三重県の建設業許可の経営事項審査のお問い合わせはこちら

TEL.0596-43-2620
      平日:午前9時〜午後6時
      土日祝日:午前10時〜午後5時
      ※上記の時間帯でも臨時休業などの場合がありますのでご了承ください。

    

バナースペース

建設業許可の藤波行政書士事務所

〒519-0605
三重県伊勢市二見町溝口425

TEL 0596-43-2620
FAX 0596-43-3351